クレジットカード現金化を自分で行うメリットやデメリット等について

ペットシッターダウン > 現金化 > クレジットカード現金化を自分で行うメリットやデメリット等について

クレジットカード現金化を自分で行うメリットやデメリット等について

2017年1月13日(金曜日) テーマ:現金化

ショッピング枠で購入した商品を買取店などで売って現金化する行為をクレジットカード現金化といい、自分で商品を売買して現金を得るのが一つの方法です。

現金化業者を通さないので手数料がかからず、上手に行うと現金を多く得ることができます。

しかし、たくさんの現金を得るためには高く売れる商品や買取価格の高い店を探す必要があるので、商品や店を探すのに時間や手間がかかります。

買取価格は常に変動するので、マメな情報収集が必要になります。

時間や知識がない場合は自分で現金化を行うことが向いていません。

買取店は全国に多数ありますが、選ぶ店を間違えると現金化業者に依頼する場合と比べて獲得できる現金が大幅に少なくなります。

しかし、時間をかけて買取店の情報収集などを行うと、現金化業者に依頼するよりも多額の現金を得ることができます。

ただし、方法次第ではカード会社に発覚する可能性があります。

転売目的でクレジットカードを使用することは多くのカード会社が禁止していて、カード会社は常に利用者のカード利用状況を監視しています。

商品券やブランド品など換金率が比較的高い商品をショッピング枠でまとめ買いすると、転売目的の疑いをかけられてカード利用停止になる可能性があります。

場合によっては強制退会となり、未払い金を一括請求されることもあります。

その様な事態を防ぐために、正しい知識を持ってクレジットカード現金化を行う必要があります。

それが難しいのであれば、現金化業者に依頼した方が良いです。

現金化業者も最近では高い換金率の業者も増え安心して利用が出来るようになってきています。

ですが中には悪徳業者もありますので業者選びは慎重に行ってください。

評価の高い口コミサイトがありますので参考にしてみてください:ビックギフトの口コミはこちら